ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 自民党総裁選―党員票は石破さん健闘

トピックス

自民党総裁選―党員票は石破さん健闘

自民党総裁選挙で、安倍さんが3選されました。結果は予想されていたとおりでしたが、党員票では55.3%対44.7%と、安倍さんが7割との強気の見通しもあったなかで、石破さんが健闘しました。

国会議員票で81.8%の支持に対し、党員票は55.3%と、大きなギャップが目立ちます。自民党員の中にも安倍さんのやり方に不安と不満があることが示されたとともに、自民党国会議員の意識と民意とのズレが明確になりました。

当選後、安倍さんは、憲法の改正を声高に訴えていました。現職総理大臣であるにもかかわらず、自民党員の44.7%が安倍さんを支持しないというのが選挙結果で示された民意です。これを無視して、あくまで突っ走るつもりでしょうか。自民党員以外の国民の間には、更に強い批判の声があることにも謙虚に向き合うべきです。

安倍政治の暴走にしっかりとブレーキをかけるために、来年の参議院選挙がいよいよ重要になってきました。しかし、その前提となる候補者調整・擁立作業は遅れています。参議院選挙やその前にある国会審議で、野党が結束できないときの国民の失望は極めて大きいと思います。私も含め、野党各党の責任は重大です。



コメント
  1. tonkinwanjiken より:

    拝読しました。淡々とした文章ですがとても大切な事がしっかりと書き込まれていると思います。
    立民・国民、元の民主党の政党はこういうことをツイッターで世間の人々に伝えるべきだと思います。
    そういうことで政党支持率があがるならやるべきです。
    野党の皆さん、無所属の岡田氏が厳しく安倍与党の非常識な行政運営をその都度、厳重に非難し続けました。
    相手が開き直るなら仕方がない。
    が、政府側が次から次へと内容がスッカラカラの法案を出し、構わず数の力で通してしまいました。
    そのひどい委員会のやりとりをキャリアプランニング学の上西充子教授チームが「国会パブリックビューイング」活動として街頭宣伝で人々に伝えようとし、「朝ご飯論法」などと巷でも使われるようになったとNHKラジオまでもが取りあげたものです。委員会の与党説明のデタラメが明解に伝わってきます。こういうことも元民主党は伝えるべきだと思うのですが、どうか岡田様の方からも「党の支持率を上げるための活動をするように」後押しをお願いいたします。

  2. 水谷 より:

    自民党の国会議員の大半が地元で自民党員に安倍首相への投票を働きかける中、石破さんは健闘されたと思いますし、
    自民党員の中に安倍政権へ不満を持っている人が多いという結果だと思います。
    そして、野党はこの結果をチャンスと捉え、結束して力を発揮していただきたいと思います。
    まずは、沖縄知事選挙の健闘を期待しています。

  3. 南風(はえ) より:

    岡田かつやさん、野党の結束のため、是非、動いてください。
    その為に微力ながら、ネットでも実際の場でも応援します。

    岡田かつやさんは、真面目すぎて面白みがない、なんてよく言われますが、面白くたって不真面目な人は日本の進路を任せる政治家にはいりません。

    岡田かつやさんが、もう一度、表舞台で縦横無尽に活躍される姿を見たいです。

    最初は小さくても、そのモーメントが皆を動かす、そんな人を、応援します。

  4. 平次 より:

    岡田さんのおっしゃる通りです。これからが重大な行動が求められますね。今は国民の半数以上が反安倍・内閣・自民なのですが、党員の中からも何とかしなければと反乱が起きつつあるので安心しました。野党は分散していますが分散していますが、このままでは数の力で負けます。いつまでもいくら綺麗ごとばかり言っても駄目です(国主党)。早く1党に集合して解かりやすいテーマで国民を引付けてもらいたいと思っています。国民の大半はこの思いだと思います。岡田さんのこれからの動きに期待します。

  5. sac より:

    このコメント通り行動し、実現してください。
    安倍一強体制を6年もの長い間許している野党の責任は重大です。
    ここまで不甲斐ないと、いっそのこと野党議員全員自民党に入党して、自民党内で多数派工作した方が早いのではないかと思ってしまうくらいです。
    岡田さんに残された時間は、来年の参院選までです。急いでください

  6. kazuo より:

    安倍政権を支持している人達は、そんなに多数を占めているとは考えられません。9条改正は危険な道です。岡田さんたちの一層の頑張りが必要です。

  7. TAKA より:

    一番大切な事は
    岡田さん自身の「寛大な態度」です
    過去や慣習、更には日本の未来の為に
    私心を捨て、手を取り合って下さい!

  8. 天野暢保 より:

    お話の通りだと思います。
    岡田さんや立憲民主党を応援します。
    野党の皆さんに苦言を呈します。先の衆議院選挙では、野党のうちでは立憲民主党が圧倒的な勝利を示しました。あれが国民の声だから、野党は立憲民主を中心に集まるべきです。特に国民民主が立件と手を組まないのは疑問です。国民民主は解党して立憲に加わるべきとさえ思います。
    愛知13区には立憲の立候補者がなければ、共産党に投票するつもりです。(先回は大西氏に投票しましたが)
    岡田さんの現在の姿勢には理解できます。

kazuo にコメントする コメントをキャンセル

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP