ホーム > トピックス > 発言・報道 > 記者会見 > 岡田克也「無所属の会」代表記者会見(2月6日)

トピックス

岡田克也「無所属の会」代表記者会見(2月6日)

岡田克也「無所属の会」代表記者会見
2018年2月6日(火)15時00分~15時24分
編集・発行/民進党役員室

★会見の模様を以下のURLで配信しています。

***********************************************************
■冒頭発言
○自衛隊ヘリの墜落事故について
○米国の核戦略見直しに対する政府の姿勢について
○政党交付金・慶弔費支出に関する報道について

■質疑
○慶弔費支出に関する報道について
○慶弔費支出・公選法に関する議論について(1)
○沖縄県名護市長選挙・辺野古移設問題について
○株価の急落について
○財政健全化について
○慶弔費支出・公選法に関する議論について(2)
○米国の核戦略見直しに対する政府の姿勢について
***********************************************************
■冒頭発言

○自衛隊ヘリの墜落事故について

【「無所属の会」代表】
 まず私からは、自衛隊のヘリの墜落について、亡くなった自
衛官の方に対して心からお悔やみを申し上げたいと思います。
 同時に、お子さんもけがをされたということですが、大変大
きな惨事になりかねない、そういう状況だったと思います。政
府には、徹底的に原因究明をして、同じことが繰り返されない
ようにしていただきたいと考えております。

○米国の核戦略見直しに対する政府の姿勢について

【「無所属の会」代表】
 私から2点冒頭申し上げたいと思いますが、第1点はNPR
(核戦略見直し)についての日本政府の姿勢です。河野外務大
臣は「高く評価する」とおっしゃったのですが、私には全く理
解できないことであります。
 幾つか問題があると思いますが、一つは、従来は核兵器の役
割を低減させるということでしたが、今回はそれを拡大させる
ということで、核軍縮に関する考え方が180度変わったと言
わざるを得ないと思います。それを「高く評価する」というの
は一体何事か、と考えております。
 一つは、戦略核について、新START条約が実施されて、
本来であればこれからさらにその次、戦略核のさらなる縮減に
ついて、米ロ、場合によっては中国も巻き込んでしっかり話し
合わなければならない、そういうステージだと私は思いますが、
核軍拡という流れができたことで、戦略核の軍縮の次の一歩と
いう機運が全く失われてしまったのではないかと思います。そ
れがなぜ「高く評価する」ということになるのか。
 2番目は、核搭載海上発射型巡航ミサイルの可能性を追求す
るということですが、もしそういった技術ができるということ
になると、これは戦略核ではありませんので、INF(中距離
核戦力)全廃条約との関係がどうなるのか。あるいは、INF
にもかからないような足の短い戦術核ということであれば、こ
れは数の規制というのは私が承知している限りありませんので、
米ロの間でこの戦術核をめぐって軍拡競争が始まりかねない。
そういったことについて、なぜそれが「高く評価する」ことに
なるのか。
 核兵器の発射ボタンを多くの人が持つということは偶発的な
事故にもつながりかねないということで、従来、艦船からの核
というものは除去すると。潜水艦と爆撃機に限定するというの
がアメリカの政策だったと私は理解しておりますが、いろいろ
な艦船が核を持つ時代に戻るということは、それだけ誤って使
われたり、そういうリスクも高まるわけで、それがなぜ「高く
評価する」ことになるのか、私は全く理解できない。
 あわせて、北朝鮮について、この情勢があるからということ
も言われていますが、核の使用の敷居を下げる。つまり、確か
にオバマ時代のNPRでも完全に核を先に使うことを排除して
いたわけではありませんが、それは非常に限定した場合に限る
ということで、核を先に使うことがあるとははっきり言ってい
なかったわけです。それを今回、場合によっては核を先に使う
こともあり得るということにしたわけです。ということは核使
用の敷居を下げてしまった。北朝鮮から見れば、先に核を使わ
れてしまうのであれば自分がより先に使わなければいけない、
ということになってしまうのではないかと私は恐れております。
それがなぜ「高く評価する」ということになるのか、全く意味
不明です。
 しかも、代表質問で触れましたが、広島でオバマ大統領と並
んで「『核なき世界』を目指して努力する」と、そういうふうに
言った安倍さんと、どっちが本当の安倍さんかと、改めて聞い
てみたいと思っております。

○政党交付金・慶弔費支出に関する報道について

【「無所属の会」代表】
 もう一つは「政治とカネ」の話で、私は非常に気になる新聞
報道が二つありましたので申し上げたいと思います。
 一つは、週末の読売新聞で、「無所属の会」に政党交付金が支
給されていることが適切なのかという指摘が出ているという記
事がありました。問題があると考えるならば、新聞社として「問
題がある」と書かれればいいのですが、「そういう指摘が出てい
る」という、逃げの入った記事ではあります。
 まず、政党交付金が我々に支給されているわけではありませ
ん。政党交付金は政党に支給されるものです。そして、それは
政党に所属する議員の数に応じて支給されるということで、
我々は民進党の議員であるということは、これは紛うことなき
事実でありますので、会派としてどういう名前を名乗っている
かということとは関係がない話であります。
 それから、民進党から我々に支給されるのは、原資は政党交
付金であることが多いと思いますが、それに限られるわけでは
ありません。年間800万円が支給されるという方向で議論さ
れておりますが、これは政党の支部に、支部長に、支部活動の
ためということで支給されるものでありまして、国会で「無所
属の会」を名乗っていることとは何の関係もありません。
 それを、ザクッと記事を読んだ人に何か「無所属の会」がも
らってはいけないお金をもらっているというような印象を与え
かねないような、そういう記事は一定の意図を持っていると言
わざるを得ない。極めて遺憾だということを申し上げておきた
いと思います。
 もう一つは産経新聞の記事でありまして、きょうの産経新聞
で、私の政治団体が支出した香典が平成22年から25年の4
年間に15件あるということを報じております。
 記事の中では、それは「全て選挙区外への支出である」と私
はコメントしているということも書かれておりますが、これは
数日前に急に1枚の紙がファクスされてきまして、これはどう
いう趣旨ですかということなので、これは選挙区外での葬儀に
おける香典であるということを明確に申し上げているわけです。
何の問題もありません。それをなぜわざわざ記事にするのかと
いうのは、意味不明であります。
 読者は細かく法律に通じているわけではありませんから、何
か問題があるかのような印象を与えてしまっている。そういう
記事は極めて遺憾だということを申し上げておきたいと思いま
す。
 今、茂木議員の線香代をめぐっていろいろな議論があります。
それを、野党も同じようなことをやっているということで打ち
消すような、そういう思いでやっておられるとしたら、それは
メディアとしての考え方から外れているのではないか。そのこ
とを申し上げておきたいと思います。
 本当に問題のある、そういうことについて書かれることはも
ちろん構いませんが、問題のないものを問題があるかのように
報ずるのは、それはよく考えていただきたい。皆さんもメディ
アに入って、事実を伝える、問題があればそれを指摘する、そ
ういう思いで各メディアはあるわけですから、そのことは十分
踏まえて報道していただきたいと思っています。

■質疑

○慶弔費支出に関する報道について

【フリーランス・堀田記者】
 そうすると、産経さんがメインでやった民主党・民進党系の
人たちのそういったことは、全然問題がないのか。

【「無所属の会」代表】
 いや、私について言っているわけです。私の記事について言
っているわけです。

【フリーランス・堀田記者】
 これはある意味で柚木さんが名刺広告を出したのと同じだと
思う。つまり岡田さんが選挙区外で配って、岡田さんの知り合
いの人に「岡田はいい男だ」ということが伝わる、そういった
こともあるので、それはやはりやらないほうがいいと思う。

【「無所属の会」代表】
 法令上、何の問題もありません。

○慶弔費支出・公選法に関する議論について(1)

【テレビ朝日・村上記者】
 政治資金をめぐる一連の問題で伺いたい。きのう増子幹事長
が記者会見で、民進党は政治家の冠婚葬祭(寄付)の全面禁止
ということで提案していきたいとおっしゃったが、岡田さんは
同じ考えか。

【「無所属の会」代表】
 これは党の中ではまだ議論されていないと私は理解していま
すので、個々に私が自分の意見を申し上げる話ではないと思い
ます。

○沖縄県名護市長選挙・辺野古移設問題について

【「フランス10」・及川記者】
 名護市長選挙の結果についての受けとめと、民進党は今回、
稲嶺進さんを応援したわけだが、辺野古への基地移転というの
は反対になったのか。以上2点伺いたい。

【「無所属の会」代表】
 普天間の現状を固定化させない、そのために辺野古に移すと
いうことは、党としてはその考え方は現時点では変わっており
ません。ただ、進め方については県民の十分な理解を得て、現
在の進め方については容認できないというのが我が党の基本的
考え方だと思います。
 市長選について、県連としては推薦されたと。本部としては、
政令指定都市の市長及び知事以外は本部は支持とか推薦とか決
めないということなので、議論は特にされておりません。
 ただ、やはり現在の政府の進め方は極めて乱暴だという中で、
現職を応援すると。幹事長も行かれたということですが、特に
推薦とかそういうことは決めていないけれども、幹事長として
は応援されたということだと思います。
 現職が負けたことは残念だったと思います。

○株価の急落について

【日本経済新聞・藤田記者】
 きょう株が、15時に終わり1000円を超える下げになっ
た。アメリカ中心に今どんどん下がってきていて、アベノミク
スの金融緩和の影響なども批判として野党から上がっていたり
するが、マーケットのこの動きについてどういうふうにごらん
になっているか。

【「無所属の会」代表】
 私も専門家ではありませんし、あまり感想を言うべき段階で
はないとは思います。
 今回のことはアメリカの株安に相当影響されて日本の株も下
がったということですが、日本の株価がアメリカの影響を受け
る以上に下がるとか、そういう事態になればいろいろな議論が
出てくると思いますが、現時点ではちょっと様子を見るしかな
いと思っています。

○財政健全化について

【日本経済新聞・藤田記者】
 アベノミクスの批判などを予算委員会などで野党の議員が取
り上げているが、一方で野党としてアベノミクスの弱みである
財政や成長戦略など、そういうものを党としてどういうふうに
今後打ち出していくお考えか。

【「無所属の会」代表】
 財政については私も代表質問で申し上げていますが、やはり
財政の健全化に向けた努力ということは行わないと、将来の社
会保障制度の維持すら不可能。現状は非常に問題があると思い
ます。
 総理は「経済成長なくして財政健全化なし」と言われますが、
では経済成長すれば財政健全化がなされるかというと、そうい
うことではありません。
 それから歳出削減のやり方もいろいろあって、直ちに大きく
歳出をカットすれば、それは確かに成長に影響する場合が出て
くると思います。ただ、歳出をより効果の高いものに重点化し
ていくということは必ずしも成長にとってマイナスではありま
せんし、それから例えば公務員の人数を減らすとか、そういう
ことは直ちに大きな歳出削減につながるわけではありませんが、
それを積み重ねていくことによって長い目で見れば大きな歳出
削減につながるわけです。そういうものはちゃんと今からでも
やっておくべきだ。
 実は民主党政権の時に30万人の国家公務員の中で1%以上
は毎年純減していたわけです。
3000人以上、多い時は5000人の年もあったと思います。
今は2000人ぐらい、あるいは1000人台ということで、
純減はしているものの、その勢いは非常に少なくなっています。
 公務員の数を純減するということは、すぐには歳出削減効果
は、1000人減らしたとしてもそれで何千億も出てくるわけ
ではありませんが、積み重ねていくことによって、例えば毎年
1%、3000人減らせば10年で10%になるわけです。そ
ういう努力はしっかりと安倍政権にもしてもらいたいと考えて
います。

○慶弔費支出・公選法に関する議論について(2)

【フリーランス・安積記者】
 香典問題だが、選挙区内・外の問題は法の条文によって区別
されているので省くが、選挙区内で議員の秘書が議員の後援会
のメンバーとして配った場合と総支部として配った場合とが一
応区別されていて、総支部として配った場合は合法だという、
それぞれの党の統一見解などを出していると思うが、一般有権
者からすると、政党支部の職員なのか秘書なのかは区別がつき
にくいと思う。実際、私設秘書が支部の職員として、雇用の関
係だと思うが、採用されている事例は結構あるわけで、この区
別がつきにくい。実際の運用で、総支部の仕事だから総支部の
職員しかやらないとか、後援会の仕事だから私設秘書しかやら
ないとか、地元事務所でもそういう区別はつけていないと思う。
こういう実態に関して、今回の問題はどういうふうに考えてい
ったらいいのか。有権者としては同じように思うが、これにつ
いてはどういうふうにお考えか。

【「無所属の会」代表】
 まず議論の前提として、確かに政治家の後援会、それと総支
部、これに区別があることは事実だと思います。ただ、我が党
では、山尾議員の時にもこれは問題になって、私は代表だった
のですが、党としては政党支部だからオーケーだと決めたわけ
ではありません。
 あの時に多少議論になったのですが、山尾議員が記者会見で
そういう趣旨のことを言われたので、私は代表として記者会見
した時にそれを訂正しております。党の顧問弁護士の統一見解
としては政党支部であれば問題ないということだけれども、党
としてそういうふうに決めたわけでは必ずしもありません、と
いうことを申し上げて訂正をしているわけです。
 もちろん後援会と総支部は色合いの違いはあると思いますが、
いずれにしてもおっしゃるようにわかりにくいことは間違いな
いので、この辺を立法的にきちんと手当てするということは、
それは議論すべき一つの点だと思います。
 政治家が自分で持っていけばいいと、違法だけどいいという
ような話ですが、これも非常にわかりにくい。
 といって、結婚式に出て会費相当のお金ですらだめだと、こ
れはタダ飯ということになるわけです。これもちょっと世間常
識からいうとわかりにくいので、こういうことについてもう少
し整理したほうがいいのだろうと思います。

○米国の核戦略見直しに対する政府の姿勢について

【NHK・稲田記者】
 先ほどの核の関係だが、被爆国・日本として、即座にそれを
いいと言う総理や外務大臣の反応はいかがなものかと思う気持
ちのある人は一定数いると思うが、なぜ今の政権はそこにオー
ケーだと言うのか、どういうメンタリティーがあると岡田さん
は分析しているか。また、それに対して、今後の国会論戦でど
ういうふうに臨んでいこうとお考えか。

【「無所属の会」代表】
 論理的に言うと北朝鮮の問題は、今回のアメリカのNPR、
むしろマイナスだと、リスクが高まると私は思っていますが、
アメリカの政策に違うことは言わない、言えないということで
はないかと思います。だから、オバマ大統領の時も、それはす
ばらしいと。トランプ大統領がやったら、高く評価すると。両
方を高く評価してしまっているわけですが、これは日本の外交
の信頼性を損なうものだと私は思っています。
 河野大臣も核軍縮には熱心な方だったと私は理解しています
が、今回のことは大変びっくり。失望という前に、びっくりし
ました、高く評価するということは。
 それからNPRの話は私は代表質問でも聞いているのですが、
その時に、アメリカと情報交換をしていくというのが安倍さん
の答弁だったのですが、たしか河野大臣は予算委員会で、NP
Rについて承知していない、中身がわからないという答弁をし
ているのですね。これも何かちぐはぐだ。
 一体アメリカのNPRに対して、もちろん詳細を事前に知る
ことはできないというのは、私の経験では、2010年の(N
PRの)時は外務大臣ですから。しかし、いろいろなメッセー
ジを発することで日本の考え方を伝えることはできるはず。で
はどういう考え方を伝えていたのだろうかということは、はな
はだ疑問です。

【「フランス10」・浜田記者】
 同じくNPRに関して。安倍内閣は賛意を表して、岡田代表
は反対だとおっしゃるが。

【「無所属の会」代表】
 反対と言っているわけではないですよ。ただ、評価できない
と言っているわけです。

【「フランス10」・浜田記者】
 評価できないと。これが例えば日本の原子力の現場において、
もう既に何かの影響があるとかいうような察知あるいは情報と
いうのはあるか伺いたい。

【「無所属の会」代表】
 「原子力の現場」というのは、どういうことですか。

【「フランス10」・浜田記者】
 日本の原子力の現場。

【「無所属の会」代表】
 ちょっと趣旨がよくわからないです、ご質問の。

【「フランス10」・浜田記者】
 情報がなければいいが、もしそういう動きが、例えばNPR
のような、これは可変の核爆発出力の機器だが、こういった開
発が日本の原子力の中で既にあるかどうか。あるいは、これを
意図したものがなされているかどうか。

【「無所属の会」代表】
 私は承知しておりません。




TOP