ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 内閣改造─総理自身がどう説明責任を果たし、野党と真摯に議論するかが重要

トピックス

内閣改造─総理自身がどう説明責任を果たし、野党と真摯に議論するかが重要

第3次安倍第3次改造内閣が、新たな顔ぶれのもとスタートしました。

今までと異なり、経験者、安定感のある人が内閣に入り、かつ、安倍総理とは必ずしも考え方が一致しない、そういう人たちも閣僚に登用するという、バランスをとるべく努力した組閣だと思います。

問題は、この内閣がどういう姿勢で、これから課題に取り組んでいくかです。

PKO日報をめぐる防衛省の問題。陸上自衛隊あるいは事務次官が、大臣に上げることなく、日報を隠すことを決めたのか。それとも大臣の了解を得て、あるいは指示のもとに、そういったことを行ったのか。この点を明確にしないまま、稲田前大臣は笑顔で防衛省を去りました。

シビリアンコントロール(文民統制)の根幹に関わる問題です。大臣の知らないところで、事務方が国民を欺いていたとすれば、これは極めて重要な問題で、単に次官や陸自のトップが辞めれば済むという問題ではありません。

他方で、大臣が報告を受けながら、情報の開示を指示しなかったということであれば、稲田前大臣の責任は極めて重く、ただ大臣を辞めればいいという話ではありません。

この問題に小野寺五典防衛大臣が正面から取り組み、事実関係を明らかにしていく覚悟があるのか、国会での答弁が注目されます。

そして、加計学園についても、本質的問題が解決されたわけではありません。従来の大臣とは異なる視点で、正直に情報を開示して、そして、総理官邸、内閣府、文科省、どこに責任があるのかを明確にしていくことが、林芳正文科大臣に求められます。

事実関係を明らかにすべきという国民の期待に応えることができる内閣なのか、それとも期待外れなのか、結果はすぐに明らかになるでしょう。

そして、最も重要なことは、安倍総理自身が、国民に対し説明責任を果たすとともに、逃げることなく、野党と真摯に議論を行う姿勢を示すことです。



コメント
  1. もうすぐ古希老人 より:

    崖っぷちの民進党は、党首選挙を見送って、空中分解したほうがよさそうです。
    と、言いたくなるほどです。

    どうか、今一度、国民が希望を託せる政党になってください。

  2. つぶやきこうじ より:

    ご指摘の通り安倍総理ご自身が組閣された内閣です。こくみんの誰もが納得できるように明確な説明を求めます。覚えていない、探したけれど文書は見つからないでは単なる隠蔽だと言われて当然だと思いませんか。話を逸らす、威嚇する、これこそ国民を愚弄している。

  3. 佐久間 宏 より:

    岡田さんが一番よく知っているとおり、安倍総理は狡猾で、選挙の勝利や支持率アップのためには平気で嘘をつきますよ。現に、問題のある大臣を退任させたり、一時的に憲法改正の主張を後退させており、代わりに脱お友達内閣をアピールしたり、これまでに成功体験のある経済最優先の主張を強めています。安倍総理の思惑通り、支持率も回復の兆しを見せており、今話題の3案件がマスコミで報道されなくなるころには相当の支持率の回復が予想されます。
    一方、民進党は一体何をしているのですか、代表辞任、細野氏の離党、このていたらくは。
    それもこれも「憲法」「原発」「税(消費税以外も)」等の政策が中途半端で党内や連合のコンセンサスが得られていないからでしょう。是非、国民目線に立って、自民党に対する対抗軸を分かりやすく明確に示してもらいたと願っています。これができないと政党としてのまとまりを欠き、国民は支持・不支持の判断がつきません。
    原発ならば、小泉元総理の言うように即廃止、憲法は基本的に護憲(不合理で緊急性のある条項のみ改正)、消費税増税は〇%まで(かつ全額社会保障に充当)等々。
    今回の代表選は大丈夫ですか、前原、枝野の政策論議は別として、共産党へのスタンスが主原因となって党が割れませんか?ただ割れるだけでは自民党を利するだけになりますよ。(共産党との連携については、試行ということで期限をきった方が当面の妥協ができるのではないでしょうか)
    岡田さん、是非、バラバラ感のある民進党を一体感のある政党に立て直していただき、反安倍政権の受け皿を国民に用意してくださるようお願いします。

  4. 西島 より:

    全くその通りです。
    政界がまた右往左往していますが、しっかりした二大政党の確立が絶対必要です。お国のために頑張ってください。

  5. よっちん より:

    森友 加計 そして日報問題どれも真相がハッキリしないままです。全て安倍首相が蒔いたタネと考えられます。だから討論してもなかなか決着がつかないのです。何も遠慮する事は無いと思います。安倍首相の証人喚問の要請を行なってはいかがでしょうか?

  6. じっと手を見る より:

    民進党と自民党の違い、
    憲法を暮らしに活かす=民進党
    憲法改悪、軍備増強=自民党
    国民の多数は憲法9条を守り平和に暮らすこと、そのことを切に望んでいます。
    民進党は反貧困・平和・人権を守る党として自信をもって歩んでください。
    過去の歴史を振り返ると、軍備費が増大すれば、国民の生活は苦しくなります。
    なぜなら、軍事費と兵隊さんの増強は何も生産しないからです。
    汗をかきながらでも笑顔が溢れる生活の日々、その為に民進党は奮闘し、
    野党と共闘してアベ政権を打倒してください。

  7. 常光文男 より:

    おっしゃる通りだと思います。モヤモヤとした疑念がいつまでも残る国会答弁であり、各省庁の官僚の答弁であり、資料非公開でした。特に稲田大臣の知らない答弁は非常に重大な問題です。特に自衛隊の問題だけになおさらです。

  8. より:

    民進党の皆さんの同志、管直人元総理は今脱原発を訴える政党をつくろうと模索していますが、岡田先生は学校教育無償化で闘ってくださいませんか

    65歳定年と仮定すると、働いている親が47歳以降の時にできた子は高卒までに親が仕事を辞めてしまします
    43歳以降にできた子は大卒までに親が仕事を辞めてしまいます
    しかも日本の現状では60歳以降は再雇用という形で雇われるので収入は減少してしまいます
    高齢出産が多い中家族に現役労働者がいなくて、高校大学に行くお金のない方は増えると思われます

    同じく教育の無償化で闘ってきた蓮舫さんの辞任は残念でしたが、このあとも同志とともに闘ってください

    私は10歳離れた弟がいますが、弟の大学の学費はこのままだと28~32歳の私が大きく支払うことになります
    なぜなら弟が18の時、父が60以上だからです
    私の家は私たち兄姉が払えるのでよいのですが、高齢出産の時の将来の学費の問題があるのを実感します

    ですので学校教育無償化で闘ってください高校生としてよろしくお願いします(ちなみに有権者です)

コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP