ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 蓮舫代表の辞任表明─大変残念だが、次の代表が決まるまで全力投球で

トピックス

蓮舫代表の辞任表明─大変残念だが、次の代表が決まるまで全力投球で

昨日、蓮舫代表が辞任を表明されました。

驚きましたし、大変残念なことですが、ご本人が決断された以上、受け入れざるを得ません。ただ、安倍政権の抱える問題は山積しています。次の代表が決まるまでは、野田幹事長ともども全力投球してもらう必要があります。私たちももちろん、しっかり支える決意です。

一部で、私が蓮舫代表や野田幹事長から幹事長就任を打診され、断ったとの報道がなされました。しかし、いずれからも打診の事実はなく、全く根拠のないことです。私は、確認の取材すら受けていません。しかも先週、代表から打診されたとの報道があったときに、事実に反すると指摘したにもかかわらず、今度は幹事長から打診があったと報じたのです。

いま、報道したテレビ局に抗議し、説明を求めているところです。どこかで聞いてきた噂話のたぐいを、検証なしにテレビニュースで流すというのでは、「フェイクニュース」と言われても仕方ありません。



コメント
  1. Pachira より:

    以前、一度こちらにコメントをさせていただいた者です。今日、山尾さんのコメント欄にも意見を書かせてもらいました。蓮舫さんの辞任は本当に残念です。今後は蓮舫さんを追い込む状況を作った方々の考え方と支えていこうとした方々の違いを明確にした代表選にしていただきたいです。もっとオープンな発信を党からしていただきたいです。そして、日本会議的な思想や組織、そこに関係することや人々とは明確に一線を引いた政党であって欲しいと思います。今回の山尾さんの件でも多くの人々が民進党に注目し期待していたことがわかると思います。期待していなければがっかりしないのですから。岡田さんにも大きな期待をしています。これからの未来のためによろしくお願いします。

  2. 成瀬昌信 より:

    私は、77歳です。家族共々、民主党、民進党に投票しています。
    浅沼議員の時に、野党に関心をもち、現在も自民党には関心がありません。
    党のリーダを、何故、協力し支えないのでしょうか。
    信用と寛容を持って育てようと、しないのでしょうか。
    民進党は同じ事の繰り返しを、続けるのでしょうか。
    何故、支持が落ちた時に、足のひっぱりあいをするのでしょうか。
    自民党の支持をあげるのに、協力しているようなものです。
    一つとなって、事に挑む、党の姿をみたいものです。国民の方に眼を向けてください。

  3. さんぴん茶 より:

    いい加減なマスコミも悪いのですが、蓮舫代表を支えるどころか二重国籍「問題」がどうこうと騒ぎたて、代表を苦しめた一部民進党議員は最悪です。政党人としての自覚以前に、人間性に問題があります。民進党の支持率が上がらないのはあなた方のせいだと言いたい。
    岡田さんのような方ばかりなら安心できるでしょうに。民進党がしっかりするのを多くの人が待っています。これからもご苦労があると思いますが、必ず今より強くなると信じています。最後に蓮舫さん、お疲れ様でした。しばし充電されるのですね。またいつか、代表として活躍される日が来ると思っております。

  4. 坂本つるまる より:

    岡田先生のおっしゃることはわかります。しかし、グローバルな視点で考えてみれば憲法9条の改正を唱えながら資質に問題がある防衛大臣を任命したり加計や森友等をめぐるスキャンダルまみれの政権は既に国際的な信頼を失しています。退場していただき、早く信頼を取り戻すダメにどうされるべきか岡田先生には考えていただきたくお願いします。坂本つるまる

  5. MINEさん より:

    枝野さんと前原さんの2人が立候補するのかな?
    ご自身の旗幟を鮮明にして、考えの近い人を支援してください。
    分裂はダメです。
    選挙後の挙党体制を作れるのは岡田さん以外にないと思います。
    自分としては枝野さんですが、前原さんも与党時代とは変わったように見えますが、、、、。
    野党共闘は絶対に必要だと思います。
    民進党への期待大です。
    安倍内閣の打倒、いまが最大のチャンスです。

  6. 今・畠山重忠 より:

    真摯な岡田さんが代表をして戴きたいのです。
    崩壊する自民党にどうすれば民進党がかわれるのでしょうか。
    そのために、とっくに党では方針が決まっていると思いますが。

    ここからは大胆なことを言います。
    前原民進党と枝野民進党に分党しては如何でしょうか。
    法案には賛成の方の党が、他党と協力などすればいいと思います。

  7. 薄田 健 より:

    民進党が躍進するには国民政党に脱皮するしか道はありません。国民が渇望しており自民党では実現不可能な政策を前面に出す必要があります。そのための3項目、1、憲法違反の疑いのある政策は断固反対する。憲法改定の賛否ではなく、憲法を守りたとえ憲法を改定する場合でも国民の大多数の賛成が得られる形で行う。国民投票法に最低投票率を盛り込む。2.脱原発を明確にする。原発再稼働は電力会社の当面の利益には寄与するが負の遺産を未来の国民に押し付けて事故のリスクを電力会社も含めて負い続けるなど大所高所から見ればメリットはありません。3.社会保障制度の抜本的改革。たとえ消費税が上がっても目に見える形で将来の社会保障が保障されれば国民は納得します。アベノミクスのインチキで財政赤字が加速度的に増えている現実を自民党攻撃の焦点に据える必要があります。党内論議を尽くして自民党の癒着分子は切り捨てる勇気が必要です。

  8. 小林久公 より:

    岡田かつや様
    私もニュース報道に騙されていました。事実をお知らせいただき有難うございます。

  9. sumonntoisshou より:

    そのニュースは政権よりのTV局の安倍政権への忠義立てですかねえ。このまま安倍政権がのさばれば2千万人を超えるアジア人の犠牲と引換えに手にした日本人の民主主義が名実ともに自公ファッショ政府に取り上げられるというときに何を考えてるのかと言いたくなります。右でも左でも政治が一色になるほど怖いことはない。いま手を緩めれば安倍政権による国家主義が復活します。民進党内には時局より自派の立場を優先する幹部がいるようですが、まずは誤解を恐れずに市民の力を信じて野党共闘を一層強力にして安倍ファッショを倒してもらいたいと思います。個人の人権対国家主権のたたきであることを広く世間に認識させる努力を期待します。

  10. yamajoH より:

    蓮舫さんは小さい身体で迫力はありませんが、人物的には問題の無い人と思います。種々雑多な民進党を束ねるには、よほどの体力が必要ですね。支えるのではなく、大事な時に引きずりおろす人たちが、いるのは問題ですね。野田さんを幹事長にしたのは大きな間違いではないでしょうか。人物的には全く信用できない、おまけに顔が悪すぎます。岡田さんが幹事長になって、支えてあげればもっと成果は上がったのではないでしょうか、とにかくいますることは、日本を最大の危機におとしめている安部政権を引きずり下ろし、民進党の勢力を上げることに邁進するべきではないでしょうか。国民は岡田議員に期待する人は多いと思います。

  11. ムシマロ より:

    マスコミ の劣化は防ぎようもありません。本当のニュース ネタや報道しなければならないことは他にあるにのに
    意図的に流さない様にしているのでしょう。

  12. teramotomakoto79 より:

    事実とは論拠
    論拠を元に
    真実を
    提示するしかない

  13. リョウテン より:

    民進党の根本的な欠陥は 例え現代表が気に入らなくてもいろいろな場面でも党一体となって代表を支える行動が眼に見えてこそ党の結束が支援者にも国民にも伝わってくるのです
    しかし、現在の状況の場合そのような事が全く伝わって来ない。まことに残念です
    派閥の足のひっぱり合いばかりが表面に報じられています マスコミの責任もあるでしょうが 一端代表と決めた以上はみんなでこれを支えてこそ団結の強さが我々に伝わってくるのです。 それが 今の民進党に欠けている様に思います。 自民党に対する対応も 事案に反対するだけでは無く 必ず対案を出して欲しい「100歩譲って我々はこう思う」「議論の結果我々の要求が通れば此の事案は我々も賛成する」 これが政治です 反対ばかりして何が 誰が得しますか 渡すたち民進党を支援する者にとって 「反対少数で議案は承認されました」 此のセリフは聞き飽きました。
    岡田さん あなたなら出来る!!!  自信を持って 党内を取り仕切ってほしい。

コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP