ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > オバマ大統領、広島へ─被爆者代表の方々とも是非会ってほしい

トピックス

オバマ大統領、広島へ─被爆者代表の方々とも是非会ってほしい

オバマ大統領の広島訪問が正式に発表されました。

私は、従来から「何とかしてサミットを機会に、大統領に広島か長崎を訪問してもらいたい」と思ってきましたし、非核議連(核兵器のない世界を目指す議員連盟)の会長として発言もしてきましたので、大変喜んでいます。

核軍縮・不拡散の動きは、元々はオバマ大統領のプラハ演説でスタートしました。私が外務大臣の時も、核軍縮・不拡散には深くコミットしましたが、最近少し停滞しているのは残念に思ってきました。

広島でオバマ大統領が、プラハ演説のような心に残る演説をされることで、核なき世界に向かって、大きな一歩が記されると思います。オバマ大統領には是非、被爆者の代表の皆さんにも会っていただきたいと思います。

被爆者の皆さんも、大統領に謝罪を求めるということではなく、核なき世界を実現するために、日米がしっかり手を携えて、前を向いて進んでいくということで意見の一致を見ることだと確信しています。



コメント
  1. 曽根たくや より:

    岡田代表の政治は正しいです☺
    オバマ大統領のプラハを絶対に実現致しましょう❗警察自衛隊共に恒久平和
    専守防衛を守りながら これからもひとつひとつを繋げながら m(__)m

  2. 野﨑 秀夫 (Hideo Nozaki) より:

    オバマ大統領は、核を使わないことを内外に示すべきです。従前より核は抑止であり
    先制使用を意図したものではないと、国際慣習法上明言されています。今、世界で核
    を武器として使いそうなのは、北朝鮮とイラク・もしかしたらロシアですよ。彼らの
    国際的地位は、比較的安定している→寧ろ内外的に不安定である、と痛感します。

    ですからこそ、米国が先頭に立って、核の抑止・先制使用の放棄を明言する必要性が
    有るのです。北朝鮮・イラン・ロシアは、ホンキで核兵器を局地戦で用いかねません。
    それを、強く諌めるのが、国交が有る米国・日本の役割であると、私は通関します。

  3. tomikatu より:

    ご苦労様です。
    一度に何もかにもはよした方が良いと思います。
    人間えらいものに手を出しましたね。
    原爆、原発これに手を出すべきでは無かった。
    人類最大の不覚です。この2項目は是非後戻りをするべきです。
    体調留意の上、頑張りをお願い致します。

  4. BUSINESS LIBERALISMこと 松崎宣明 より:

    岡田代表がおっしゃられている通り、ぜひ広島でオバマ大統領が、プラハ演説のような心に残る演説をするとともに、被爆者の代表の皆さんにも会っていただければと思います。

    核なき世界を実現するため、日米がしっかり手を携え、主導権を発揮することが大切であると思います。そして、岡田代表の持論である、北東アジア非核兵器地帯の実現に近づくことが望まれると思います。


    一方、岡田代表におかれましては、16日に予算委員会質問、18日に党首討論を行われると理解いたしております。ぜひ民主党・維新の党が合流し民進党が結成されたこと、そして、野党の協力によって、国民世論の受け皿となり、政権交代を実現出来る体制が整ったことを、国民のみなさん、および、総理・与党に対し、力強くかつ明確に、お伝えいただけましたら、幸いと存じ上げます

    質問・討論の内容・テーマに関しましては、国民のみなさんに民進党の立場が良く伝わるよう、そして、安倍首相の冗長であいまいな発言を許さないよう、出来る限り、国家安全保障と経済・格差是正に絞って、討議していただければと存じ上げます。


    ちなみに、私は、4月下旬から、安全保障および民主主義に関する個人的問題意識に基づき、情報を得るため、アメリカのワシントンDCに滞在しております。

    ワシントンDCで開催されたいくつかのシンポジウムに参加し、台中関係に関する専門家の方々とお話をさせていただくことが出来ました。

コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP