ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 原子力協定採決―決めたことを守れない限り、民主党の再生はない

トピックス

2014.04.11|TALK-ABOUT [ブログ]

原子力協定採決―決めたことを守れない限り、民主党の再生はない


原子力協定が衆議院本会議で採決されました。

まだ参議院において議論されている状態ですが、我が党は、厳しい議論を経たうえで、賛成ということを決めました。にもかかわらず、本会議の欠席者が出たことは、非常に残念だと思っています。

報じられる欠席者の中には、鹿児島の補欠選挙などの関係で欠席した議員もいますので、一部の新聞にあるような人数は誤った報道ですが、途中退席したり、そもそも欠席をした人が何人かいたことは間違いありません。


それぞれの主張は当然あっていいと思いますが、党として決めた以上はしっかり守る。このことができない限り、民主党の再生はないのであって、今回の一部の議員の皆さんの対応というものが、党の支持率、将来に対して大きなダメージを与えたということは、しっかりと自覚してもらいたいと思います。

特に、いま落選中で、各地域で頑張っている候補予定者の皆さんから見れば、支持者からいろいろ指摘を受けて、泣くに泣けないという状況ではないかと思っています。

まだまだ民主党の再生は道半ばだな、もっとしっかりしなければいけないなと、改めて感じています。

※ブログの動画版はこちら



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP