ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 震災から3年―政治がやるべきことに正面から向き合って取り組む

トピックス

2014.03.11|TALK-ABOUT [ブログ]

震災から3年―政治がやるべきことに正面から向き合って取り組む


あの東日本大震災から3年、「東日本大震災3周年追悼式」が政府主催で開催されました。私も出席し、いま戻ってきたところです。

この式典で、まず、天皇陛下からお言葉がありました。天皇皇后両陛下が、大震災のあと、何度も何度も被災地に足を運ばれて、体育館などの避難先で被災者の皆さんにお言葉をかけられ、励まされたことを改めて思い出します。

天皇皇后両陛下にどれだけ国民が勇気づけられたことか。ご高齢で体力的にも大変厳しい状況でのご訪問だったと思いますが、いまだにそのご努力を続けられていることに頭が下がる思いです。

式典は、ご遺族・被災者を代表して、岩手、宮城、福島の皆さんからも、それぞれお話がありました。


毎年のことながら、ご家族を亡くされたご遺族の皆さんのお言葉は、悲しみを乗り越えてこの震災復興に立ち向かわなければいけないということを思い起こさせるものでした。

もうあれから3年経つということで、信じられない思いです。

私は当時、与党の幹事長でしたが、被災地に毎週のように足を運び、いろいろなご意見・お話をお聞かせいただき、それが少しでも実現するように、懸命に努力させていただきました。

各党の代表の方々を集めて、毎日のように政府側と意見交換する場を作り、各党を通じて上がってくる現場の皆さんのご意見が政府に伝わるよう、努力をさせていただきました。

しかし、どんなに努力をしたとしても、実際にご家族を亡くされたり、家を失われて仮設住宅の厳しい状況のなかで住まわれたりしている皆さんの思いを、一体どれだけ満たすことができたのか。そういう思いで一杯です。

3年経っても、まだ多くの方々が仮設住宅にお住まいであるという現実を忘れてはいけないと思います。

これから東京オリンピックの工事も本格化するなかで、被災地の復興に悪い影響が及ばないよう、しっかりと努力をしていかなければいけないと思います。

これから政府がやるべきこと、政治がやるべきことはまだまだたくさんあります。しっかりと正面から向き合って取り組んでいきたいと思います。

特に福島第一原発は、汚染水の問題もあり、最終的に廃炉にしていくためには長い年月がかかると思います。

気を抜くことなく、しっかりと取り組んでいく必要があると改めて思った次第です。

※ブログの動画版はこちら



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP