ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 高校サッカー決勝―TVにかじりついて地元・四中工を応援

トピックス

2012.01.10|TALK-ABOUT [ブログ]

高校サッカー決勝―TVにかじりついて地元・四中工を応援


昨日(1月9日)は、全国高校サッカー選手権の決勝が行われました。私の出身地・四日市にある四日市中央工業高校(四中工)が久しぶりに決勝に進出し、テレビにかじりついて応援していました。

最初に得点して、いい調子だったのですが、後半はやや攻め込まれ、それでも何とか逃げ切るかなと思っていたら、ロスタイムに同点にされてしまいました。

そして、延長戦に入り、もう少し頑張ればPK戦、PK戦になれば必ず勝てると思っていましたが、最後に押し込まれて、2対1で残念ながら負けてしまいました。

しかし、四中工の選手たちは、まだ若い1年生や2年生も多かったのですが、非常によく頑張ったと思います。まだまだ来年の大会に向けて力を蓄え、堂々と勝利してもらいたいと思います。

テレビを見ていても、どうしても(国立競技場のある)東京に近い千葉の市立船橋の方にカメラは行きがちですし、市立船橋に対する応援も圧倒的に多かったと思います。

そういうなかで、四中工は本当によく頑張ったと思います。私もできれば応援に行きたかったなと、改めて感じたところでした。

ところで、市立船橋のある船橋といえば、野田総理の選挙区です。私は、野田総理に是非頑張っていただきたいということで、全面的にバックアップしてきたつもりですし、今年も引き続き縁の下の力持ちで頑張りたいと思いますが、このサッカーだけはちょっと許せんという感じです。

今度野田総理に会ったら、このサッカーのことについて何て言おうか、いまいろいろと考えているところです。

いずれにしても、四中工の皆さん、本当にご苦労様でした。本当にいい試合を見せていただいて、嬉しく思っています。

※ブログの動画版はこちら



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP