ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 野田政権の船出―大きな課題に直面、全員野球で頑張る

トピックス

2011.09.02|TALK-ABOUT [ブログ]

野田政権の船出―大きな課題に直面、全員野球で頑張る


野田内閣がスタートしました。大変若いフレッシュな人が多い内閣で、野田総理自身も、戦後、安倍晋三さん、田中角栄さんに次ぐ若さだということですが、フレッシュな野田内閣に、是非、期待をしていただきたいと思います。

私が親しくしてきた安住淳さん(財務大臣)や玄葉光一郎さん(外務大臣)、中川正春さん(文部科学大臣)、鉢呂吉雄さん(経済産業大臣)といった同志が、それぞれ内閣の重要な立場で仕事をすることは、大変嬉しいことだと思っています。

私自身、いろいろとメディアで報じられ、財務大臣とかいろいろな大臣の名前が挙がっていたようですが、そういうのは全く事実に反することで、何の打診もありませんし、私から何かを申し上げたこともありません。

ただ1つあるのは、官房長官について、昨日(1日)の朝、野田さんから打診があり、私はお断りをしました。

いろいろ考えましたし、野田さんを何とかしっかり支えたいという思いは強かったのですが、やはり、官邸は総理を中心にやっていかなければいけません。官房長官がやり過ぎてはいけないし、逆にやらなくては官邸が回りません。総理と官房長官は、非常に難しい微妙な関係にあります。

やはり、今回官房長官になられた藤村修さんのように、非常に信頼できて――もちろん、私も野田総理とは非常に強い信頼関係はあると思ってはいますが――女房役的なほうが、総理と官房長官はうまくいくというのが私の持論です。

そういう観点からは、私が官房長官を受けることは、内閣を円滑に運営していくという点からは望ましくないと判断して、お断りをしました。

「ただ、いかなる立場になろうとも、しっかりと野田さんを支えていく。いままで、長く兄弟のように信頼関係を築き上げてきた野田さんですから、どういう立場であってもしっかりと支えていく」ということを申し上げました。

民主党の政権にとって、野田さんが3人目の総理ですが、この先はありません。しっかりと実績を上げ、時期が来れば解散をして総選挙で勝つ。

何よりも、目の前には被災地の皆さんがいます。そして、経済、景気、円高。中長期的な成長路線をどうやって定着させていくか。税と社会保障の一体改革に向けて、消費税の増税の法案。消費税増税の実施はまだ先のことになりますが、法案は来年度中に成立をさせるということになっています。

そういう様々な大きな課題に直面しているのが、新しく始まった野田政権です。全員野球でしっかりと頑張っていきたいと思います。

※ブログの動画版はこちら



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP