ホーム > プロフィール


ENGLISH

衆議院議員
民主党代表
民主党三重県連代表

 

  2015年1月18日現在


1953年三重県生まれ。東大法学部を卒業後、旧通産省入省。90年衆院議員に初当選し、現在当選9回目。

1993年政治改革の実現を訴えて自民党を離党。その直後の総選挙を経て、細川連立政権樹立に参画。以後、「政権交代ある政治の実現」という信念を貫き通す。

1998年の民主党結党後は政調会長、幹事長、代表などを歴任。また、NGO議連会長、核軍縮議連会長、地球温暖化推進本部長など、グローバルな課題にも精力的に取り組む。

2009年8月、2度目の幹事長として臨んだ総選挙で勝利し、宿願の政権交代を果たす。新政権では外相に就任し、日米外交密約の調査・解明などを実現。

2010年9月より、3度目となる幹事長に就任。在任中に発生した東日本大震災の際には、被災地入り12回、ねじれ国会の下で3本の補正予算成立に尽力。

2012年1月~12月、野田内閣において、副総理を務める。戦後2番目に長い215時間の委員会審議の末、社会保障・税一体改革関連法案成立を成し遂げる。

2014 年9月、民主党代表代行に就任。15年1月の代表選挙で代表に選出される。

趣味は映画鑑賞、ジムでのトレーニング、カエルの置物収集、読書など。好きな食べ物は果物、和菓子など。尊敬する人物は織田信長。座右の銘は「大器晩成」。家族は妻と一女二男。著書に『政権交代~この国を変える』(講談社)、『岡田語り』(武田ランダムハウスジャパン)、『外交をひらく~核軍縮・密約問題の現場で』(岩波書店)など。